2018秋公演


演劇ユニット エスセナ・セニョリータ 2018秋公演
おばあちゃんの『 』
※トヤマ・パフォーミングアーツ・フェスティバル参加作品

作  |「おばあちゃんの恋」森南初音(脚色:下町御来)
    「おばあちゃんの変」中川礼美
演 出|中川礼美
出 演|森南初音/下町御来/くずもち(声の出演)

日時 2018年11月11日(日)
開演16:45~
※開場は開演の約10分前
※上演時間約40分
場所 富山市民芸術創造センター舞台稽古場
(富山市呉羽町2247-3)
料金 無料

■あらすじ
いつだっておばあちゃんはノンストップ!もう誰にも止められない!
とっても優しくて孫の言う事を何でも聴いてくれるおばあちゃん――なんて都市伝説だよね?!うちのおばあちゃんは、いつでもどこでもマイペース&ハイペース。孫の思い通りには動かない。今日も、嵐を呼ぶおばあちゃんがやって来た。ちょっと待って!今度は何をやらかすつもり?!一筋縄ではいかないおばあちゃんたちと、彼女らに翻弄されるトホホな孫たちのハートフルコメディ!

「おばあちゃんの恋」
ある日、真紀の部屋に入ってきたおばあちゃんは、なにやら浮かれている様子。特に興味も無く右から左へ聞き流そうとする真紀だったが、おばあちゃんの爆弾発言に衝撃を受ける。「私、結婚しようと思うの♡」。おばあちゃん、今いくつだと思ってるの?!しかもお相手は、おばあちゃんより随分若い20代の男の子?!動揺がおさまらない真紀をよそに、のろけ話を始めるおばあちゃん。果たして、この「恋」の結末はいかに?!

「おばあちゃんの変」
一人暮らしのエミリは、現在、絶賛風邪をこじらせ中だ。頭痛はひどいし、動けないくせにお腹はすくしでゾンビ状態。おばあちゃんは電話をくれたけど、容赦ない大声でたたみかけるもんだから、ただでさえ弱っているのにさらにぐったりしてしまう。なんで電話なのにあんなに声が大きいの?頭にガンガン響くんだからもっと労わってよ…。そんなエミリのもとに宅配便が届く。それは、数分後に巻き起こる、波乱の予兆だった…!!





※クリックで拡大


※クリックで拡大